«前の日記(2006年08月20日) 最新 次の日記(2006年08月27日)» 編集

miya


miyagiひとり語り

Auto | Computing | Food | Health | Japan | Living | Media | Memo | Mobile | Money | Music | Net | Nippon | People | Sports

2006年08月23日 [長年日記]

[Health] 断食十日目千歳の声

マスタークレンズセット

実は先週の月曜から今日までの10日間、野球の夏・秋シーズンの間の休暇を利用してマスタークレンズ (Master Cleanse) と呼ばれる断食ダイエットを気合いを入れてやってみた。またの名をレモネードダイエット。断食でもダイエットでもないような気がするのだが、体内に蓄積された毒素などの不要物を流し出して内臓ちゃんを元気にしてあげる、いわゆる「デトックス」と呼ばれるプログラムなのである。以前から多くのWebサイトや新聞記事、はたまた ABC Newsのポッドキャスト でも紹介されたので、ご存知の方も多いかもしれない。

中には40日間も続ける人がいるようだが、基本的には10日間、以下の材料で作ったレモネードのみを空腹時に飲み続ける。

1日分:
ミネラル水 60オンス = 1.8リットル
手搾りレモン汁 6オンス = 大さじ12杯 = 約180cc
メイプルシロップ (Grade B) 6オンス = 大さじ12杯 = 約180cc

約6杯分。これだけだと何となくグルメでデリシャスなレモネードだが、飲む際にはこれになんとカイエンペッパー (Cayenne Pepper) という唐辛子の粉末を小さじ1/10杯ほど入れてかき混ぜて飲むのである。レモンの果肉に混ざって赤いつぶつぶが浮遊し何ともいえない。

また、腸内フラッシュを促進するために毎晩就寝前に「下剤茶」 (Laxative Tea) という部類のハーブティーを飲む。センナ葉 (Senna Leaf) の茶が一般的なようだ。GNC などヘルスフードの店で売っている。そしてとどめは毎朝起床直後に飲む塩水。約1リットルの常温水に食塩ではなく海塩 (Sea Salt) 小さじ2杯分溶かしたものを一気飲みする。そう、塩水1リットルの一気飲みなのである。下剤茶ですでにおかしくなっているポンポンにこれは飲む浣腸のような役割を果たしてくれるのだが、飲み干して一時間以内にえらいことが起きるのでじっとトイレのそばでスタンバっている必要がある。

さて、10日間終えての感想は一言、気分よろしい。確かに最初の2,3日はかなりの気合いと根性を要するが、それ以降は食欲も抑制され快適だ。赤いつぶつぶでぴりりと辛いレモネードは、最初はやや抵抗あるもののなれれば美味。ただし小ぶりのレモンだと一日分で3,4個は必要なので、搾るには画像の後ろに写っているような電動の絞り器を使うのが懸命だろう。これは Wal-Mart で$10でゲットしてきた。

面白いのは3日目あたりから嗅覚が異常に向上し、よいものも悪いものも匂ってくる。会社の上司などのおっさん臭には失神しそうになるので注意が必要だ。ある程度のカロリーは摂取しているので、ふらふらするようなこともなく軽い運動も可能。嗅覚向上も手伝ってか、身体が身体によい食べ物を欲しがっているのがわかる。ただし明日あさってはフルーツジュースやスープなど、固形食物でないものからゆっくり食生活を修正する必要があるそうだ。

しんどかったことはやはり毎朝の塩水一気飲みに続く厠バトルであろう。また普段カフェインを取りすぎているせいらしく、レモネードが消化された後に発生する頭痛も続いた。

ちなみに体重は11.4ポンド = 約5.2kg減。脂肪が落ちたようで筋肉はそれほど減っていないような気がする。ただしこれは腸の消化機能が向上するため、すぐにある程度は戻ってしまうということだ。

以上、個人の体験と感想なのであくまで参考に。興味ある方は勉強、医師に相談などされて自己責任でということで。

日曜の秋シーズン開幕を前に、内臓ちゃんまでも美しくなったアジアの大砲なのである。


Auto | Computing | Food | Health | Japan | Living | Media | Memo | Mobile | Money | Music | Net | Nippon | People | Sports

«前の日記(2006年08月20日) 最新 次の日記(2006年08月27日)»

7/29/2004 より
御閲覧 回
本日: 回
昨日: 回

RSS
miyagi@heedy.com
Copyright © Since 1997